2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

例会案内

2020年1月25日 (土)

2020年2月例会開催について

2020年2月例会は末松正二氏にご発表いただきます。
   発表者   末松正二氏 
   テーマ   「東郷ターン」 
   日程    2020年2月19日(水)
   時間    18時30分~20時
   会費    1500円
   会場    東京文化会館・中会議室1

日露戦争の原因と両国軍部の戦闘方針、海軍の戦闘展開を検討しつつ、日露戦争から学べる教訓についても言及されます。

(事務局補足)
今まで通説として認識し理解していたものに、我々はいかに影響されていたかがわかるご発表です。ご期待願います。                      

2019年12月25日 (水)

2020年1月例会開催

2020年1月例会は、新年にあたりますので、明治神宮初詣を兼ねて、2019年10月に新築オープンした「明治神宮ミュージアム」の見学をいたします。
場所は明治神宮参道、杜の木立の中に黒い入母屋造りです。延床面積3200㎡二階建て、隈研吾氏の設計です。
従来、宝物殿に展示されていた御物・貴重品は、この機会に、すべて「明治神宮ミュージアム」に移動しています。拝観料は1000円
 
    日時 2020年1月18日(土) 15時「明治神宮ミュージアム」前集合
       明治神宮初詣を各自でなされた後にお集まり願い、約1時間、 
       「明治神宮ミュージアム」を拝観いたします。
       この日は新年で大安、混雑が予想されますので、余裕を持って
       ご参拝、その後に「明治神宮ミュージアム」にご参集願います。
       

       拝観後、希望者で渋谷駅に移動し、今話題の地上47階建ての
       スクランブルスクエアを見学後、新年会をいたしたく思っております。
       

       新年会は18時から「おばんざい 鉢屋」(渋谷神宮前店)
                渋谷区神宮町6-19-17 ☎03-6805-1660 会費 4000円
         
             

2020年2月例会開催について
 2020年2月例会は末松正二氏にご発表いただきます。
       発表者   末松正二氏 
       テーマ   「東郷ターン」 
       日程    2020年2月19日(水)
       時間    18時30分~20時
       会費    1500円
       会場    東京文化会館・中会議室1

日露戦争の原因と両国軍部の戦闘方針、海軍の戦闘展開を検討しつつ、

日露戦争から学べる教訓についても言及されます。

2019年10月25日 (金)

2019年11月例会

2019年11月例会は16日(土)に、堀越直子氏による「上野~谷中 歴史散策」を以下のように開催いたします。

堀越氏は「台東区観光ボランティアガイド会」公認ガイドとしてご活躍されておられ、次のようなメッセージをいただいております。

「『上野』、そこはまさに歴史の宝庫! 東叡山寛永寺・彰義隊の戰さ跡・上野東照宮・世界文化遺産の西洋美術館など、江戸から発せられた文化が今も脈々と息づいている「お山」。

『谷中』、霊園には様々な分野の著名人が眠り、「あんこが寺で皮が町屋」のようなまんじゅうが百ちかくくっつきあったような街、懐かしい長屋の家屋に郷愁をおぼえる「街並み」。

歴史を紐解きながらの散策は如何でしょうか?

           日程    20191116()

           時間    1330分~20時頃まで(懇親会含む)

           集合    東京文化会館楽屋口前 1330分にご集合下さい

           懇親会会場 谷中・よみせ通り「山ぎし」17時頃~

(1116日に以下の工事が行われますのでご注意願います)

JR東日本は、1116日に高輪ゲートウェイ駅開業に向けた工事の一環として、山手線(内・外回り)と京浜東北線(大宮方面)の線路切換工事を実施。

 初電から16時ごろまでは、山手線の大崎駅~東京駅~上野駅間と、京浜東北線の品川駅~田町駅間が運休となる。これをカバーする形で、上野東京ライン、埼京線、りんかい線が増発で運行する。

16時ごろから終電までは、京浜東北線の品川駅~田町駅間が運休となる。山手線は18時ごろまで通常の7割程度、それ以降は通常運行となる。

同日中は、東京メトロ、都営地下鉄、東京臨海高速鉄道りんかい線、東急線、京急線の全線で振替輸送も実施される。

なお、荒天などで同日に実施できない場合は、12月13日~15日に延期される。

 

2019年12月例会は山本紀久雄が発表いたします。

         発表者   山本紀久雄 

        テーマ  「聖徳記念絵画館『江戸開城談判』壁画の怪」(その二) 

        日程    20191218()   

        時間    1830分~20

   会費    1500

   会場    東京文化会館・中会議室1

9月例会の聖徳記念絵画館で鑑賞した『江戸開城談判』(結城素明画)、          

  • これは「正史」なのか、それとも「作られた歴史」なのか、
  • または「ノンフィクシヨン」なのか、それとも「フィクション」なのか

2019年7月の発表に続いて、様々な角度から分析・研究した結果の「その二」を発表いたします。       

 

2019年9月25日 (水)

2019年10月例会

2019年10月例会は、17日(木)に開催いたします。例月の第三水曜日の16日は東京文化会館が休館日で、翌日の17日になりますので、よろしくお願い足します。ご発表は斉藤剛氏です。

        発表者   斉藤剛氏

       テーマ   「尊皇思想の系譜」   

       日程    20191017()

       時間    1830分~20

   会費    1500

  会場    東京文化会館・中会議室1

斉藤氏から以下のコメントをいただいております。

「山岡鉄舟は勤王の武士であった。幕末、欧米列強が日本の周辺に現れるようになった時、尊皇の志士たちは危機感を強め、『尊王攘夷』をスローガンとして幕府を倒しました。天皇を敬うという意味では「尊皇」ですが、スローガンは「尊王」です。そこで、このスローガンの元となった尊皇思想がどのような系譜により創られたかを明らかにすることとする」

ご期待いただきたいと思います。

Ⅲ. 2019年11月例会は16日(土)に、以下のように開催いたします。

2019年4月例会で、堀越直子氏が『台東区観光ボランティアガイドが案内する ~上野から谷中~「西郷どんコース」』をテーマに、ご自分が台東区の公認ガイドとしてご活躍の美声と、明確でわかりやすい「堀越節」で語り、例会参加の皆さんを魅了いたしました。

皆さんから堀越さんのガイドで実際に史跡めぐりしたいという希望が多く、11月は史跡現場にて「堀越節」をたっぷりお聞きできる機会をつくりましたので、お楽しみにお待ちください。

日程    20191116()

時間    1330分~20時頃まで(懇親会含む)

集合場所  東京文化会館楽屋口前

 詳しくは来月に再度ご案内いたします。

2019年7月29日 (月)

2019年8月は夏休みで、9月は21日(土)に開催です。

9月21()は、「聖徳記念絵画館」前に1330分に集合し見学、次に本年11月末完成予定の「新国立競技場」を見てから、明治記念館で絵画館壁画『枢密院憲法会議』(二世五姓田芳柳画)の場となった「金鵄の間」にて、コーヒータイムを予定します。

 

2019年10月16日(水)例会は斉藤剛氏からご発表いただきます。テーマは「尊皇思想の系譜」です。

斉藤氏から以下のコメントをいただいております。

「山岡鉄舟は勤王の武士であった。幕末、欧米列強が日本の周辺に現れるようになった時、尊皇の志士たちは危機感を強め、『尊皇攘夷』をスローガンとして幕府を倒した。そこで、そのスローガンの元となった尊皇思想がどのような系譜により創られたかを明らかにすることとする」

ご期待いただきたいと思います。

2019年6月26日 (水)

2019年7月例会開催

 2019年7月例会は717()に山本紀久雄が発表いたします。

      発表者   山本紀久雄 

      テーマ   「聖徳記念絵画館『江戸開城談判』壁画の怪」   

      時間    1830分~20

      会費    1500

      会場    東京文化会館・中会議室1

(テーマの背景)

   1912年(明治45)730日明治天皇崩御。明治神宮内苑を国費により造営、神宮外苑は財団法人明治神宮奉賛会により、様々な献金によって造営され、聖徳記念絵画館も同様で、絵画館内には80枚の歴史壁画が掲示されている。

そのひとつが『江戸開城談判』(結城素明画)で、教科書にも掲載されている有名な作品である。

だが、果たして  

  • これは「正史」なのか、それとも「作られた歴史」なのか、
  • または「ノンフィクシヨン」なのか、それとも「フィクション」なのか

 様々な観点から分析・研究した結果を発表いたします。

2019年1月25日 (金)

2019年3月例会は静岡地区研修旅行です

2019年3月例会は以下の日程で静岡地区研修旅行です。

日時:2019年3月16日(土)

東京 08:03発<ひかり463> 静岡09:03着  改札にて集合
<徒歩>
1.09:20~09:30(10)  西郷・山岡会見の碑
2.09:40~10:00(20)  慶喜居宅跡(浮月楼)
 <以下、レンタカー>
3.10:40~11:00(20)  鉄舟寺
4.11:10~11:30(20)  梅蔭禅寺(次郎長菩提寺)
5.11:40~11:50(10)  次郎長生家(旧高木家)
6.12:00~12:20(20)  壮士墓(咸臨丸犠牲者の墓)
12:40~13:50     <昼食=清水魚市場おさかなセンター河

                 岸の市>
                 
7.14:20~14:50(30)  清見寺(咸臨丸碑)
8.15:10~16:20(70)  望嶽亭  
 

*以上の時間設定は概略で、その場の状況で適宜行動しますので目安です

17:30頃~清水区にて「静岡・山岡鉄舟会」との交流会
 清水 20:14発 東海道線普通  静岡20:27着
 静岡 20:38発<ひかり480> 東京21:40着  解散

2019年2月例会開催案内

2月例会のご発表は清水明氏で、テーマは「鉄っつぁん新ちゃんの東海道中膝栗毛」。

鉄舟居士と益満休之助がどこを通って、どんな風景を見て、何を喰い、どこに泊まり、どんな温泉に入ったかなど、慶応436日を中心に展開いただきます。

 

 日程    2019220()

 発表    清水明氏

テーマ   「鉄っつぁん新ちゃんの東海道中膝栗毛」

時間    1830分~20

   会費    1500

   会場    東京文化会館・中会議室1

2018年12月26日 (水)

2019年1月例会開催

2019年1月例会のご発表は『月刊武道2018年10月号』(公益財団法人日本武道館)

の表紙絵に「山岡鉄舟・駿府談判」を描かれたアトリエ麻美乃絵の中村麻美先

生、それと山本紀久雄が「神にならなかった鉄舟(前半)」を発表いたします。

 

     日程      2019年1月16日(水)

     発表者とテーマ 中村麻美先生・・「月刊『武道』表紙絵より~

                                    維新の英傑たち「駿府談判」ほか」     
        

              山本紀久雄・・「神にならなかった鉄舟(前半)」
 

     時間     18時30分~20時
 

     会費     1500円

     会場     東京文化会館・中会議室1         

 

2018年11月30日 (金)

2018年12月例会

2018年12月例会は森真沙子先生にご登場いただきます。

森先生は『函館奉行所始末』『日本橋物語』『時雨橋あじさい亭』『柳橋ものがたり』(新刊)など著書多数の小説家で、『時雨橋あじさい亭』では鉄舟を主役に登場させています。

12月例会テーマは以下です。
「山岡夫妻の明治維新
           ―トウケイ時代に”物の怪”を見るということ」

江戸から東京へと激動の時代では、誰しもが明治維新の影響を受けており、山岡夫妻も同様でして、今までの例会では取り上げられなかった新たなる切り口です。ご期待願います。
 
  日程     2018年12月19日(水) 
 発表    森真沙子氏 
  テーマ   「山岡夫妻の明治維新
                        ―トウケイ時代に”物の怪”を見るということ」  
  時間    18時30分~20時
 会費    1500円
 会場    東京文化会館・中会議室1

より以前の記事一覧