2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月30日 (火)

予告!! 2024年4月例会は羽村市「禅林寺」参拝・訪問

日時 2024420() JR青梅線「羽村」駅前に1330分集合

     (ご参考)中央線東京発12:21発 立川13時着 

                        青梅線に乗換 立川発13.03発 羽村13.21

羽村到着後の行程 

                  羽村駅から徒歩にて「羽村取水堰」⇒「禅林寺」参拝と境内散策後

                  岡崎恭山ご住職ご法話⇒「羽村」駅近くで懇親会。19時頃羽村駅にて解散。  

                 興味ある方は午前に「羽村市郷土博物館」へ。

「禅林寺」

臨済宗建長寺派寺院の禅林寺は、東谷山と号し、開基は島田九郎右衛門、春覚禅師を開山に迎えて文禄2年(1593)に創建、『大菩薩峠』の作者中里介山居士の墓がある。

1_20240130115801

当日は禅林寺所蔵の「三舟の書」、鉄舟居士による「国泰寺復興千双屏風」などを展示・拝観。

ご住職から「鉄舟が行じた禅とは何か」、「禅とは今ここ」「世界で通用するZEN」「武士と禅」「茶と禅」「俳句と禅」等についてご法話をいただきます。

2_20240130115901

「羽村取水堰」

玉川上水と同時に建設され、承応2(1653)年に完成。

多摩川の河口から上流約54㎞に位置し、川をせき止める投渡堰、固定堰、魚類が行き来する魚道及びせき止めた水を取り入れる第1水門から構成されている。

3_20240130120001

 

                                                                                                                                             以上

2024年2月例会は北村豊洋氏からご発表いただきます

2024年2月例会は北村豊洋氏からご発表いただきます。

    テーマ 『――山岡鉄舟から学ぶ――

             超高齢化社会を生きる』

            日程    2024221()

            時間    1830分~20

        会費    1500

        会場    東京文化会館・中会議室1

2024年1月例会開催結果「剪画(せんが)とは?」

2024年119日は岡崎妙春氏から「剪画(せんが)とは?」についてご発表いただきました。

  • 剪画とは、黒い紙(黒和紙が望ましい)をナイフで切り抜き、台紙に貼って完成させる絵画
  •  
  • 石田良介現会長が1981年に「創切会」を設立。1984年に剪画を芸術の一分野として確立させるために、「日本剪画協会」と名称を改め再編成、現在に至っている。
  •  
  • 岡崎氏は剪画協会理事。
  •  
  • 岡崎氏は「剪画協会と山岡鉄舟研究会は雰囲気が似ている。どちらも他人に干渉しない」と述べられ、ご自身の作品を紹介された。
  • 1_20240130114001 2_20240130114101

               (羽 音)                                            (母の愛唱歌)

  • 山本紀久雄が『月刊武道』(日本武道館)に掲載した「山岡鉄舟の人間力」で、鉄舟が三島の龍澤寺まで歩いたと記したことについて、これに疑問をもち、何事にも「現場確認」の重要性が大事と、1123日龍澤寺の一般公開日に現地訪問した行程報告がなされた。

 岡崎氏の作品紹介を含め、谷島茂則事務局長からも補足解説いただき、有意義な例会を開催できましたこと、お二人に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

             

 

      

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »