2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年5月例会案内 | トップページ | 2023年6月開催 »

2023年5月29日 (月)

2023年5月例会開催結果

2023年5月24()は東洋大学・岩下哲典教授から「城郭から見た『江戸無血開城』」についてご講演いただきました。

「城は憧れである」との一言から岩下教授の講演が始まりました。

小学生時代、机を並べた女子が持っていた『ジャポニカ学習帳』、そこに掲載された「姫路城」を見たこと、続いて「松本城」「高島城」「小田原城」「江戸城」に関心持ち、中学生時代、高校時代を経て、大学生時代以降「松前城」「久保田城」「横手城」・・・「函館五稜郭」「四稜郭」「辺地力陣屋」「龍岡城」「長尾城」まで約80城以上を実際に訪ねておられるとのこと。

『城下町と日本人の心性』(岩下哲典・「城下町と日本人の心」研究会 編 岩田書院20163)も著しておられます。

これらの観点から、改めて「江戸無血開城」を考えると、その特殊性がよくわかると言われました。

岩下教授は『歴史研究20236月号・711号』(戎光祥出版)の「生麦事件関連情報(注・略題)(新出史料紹介)の中で、次のように述べられている。

≪2022年の漢字は「戦」であった。ウクライナ戦争の影響が大きかったのだろう。幕末も「戦」のイメージがある。天保期にアヘン戦争情報が伝達され、嘉永期にペリー来航予告情報や実際にペリーがやってきて対外戦争の危機が強まり、安政期には通商条約締結によって内戦の危機も高まった。文久期には攘夷運動が高揚し、薩英戦争や馬関(下関)戦争など直接戦争が起きた。また、禁門の変に続き、幕府と長州藩の長州戦争、慶応四年には戊辰戦争が生じた

この戊辰戦争、鉄舟の働きにより「江戸無血開城」が成されたものの、以後、「北越戦争」「上野戦争」「会津戦争」「秋田戦争」「庄内戦争」「蝦夷地戦争」が勃発した。

このように戦争が各地で行われたことの意味は、「江戸無血開城」は主流とはならず、矮小化されたのではないかと、岩下教授が主張されました。

つまり、「江戸無血開城」とは、『太平記』の「城を枕にして討死すべし」の否定であり、いわゆる「敵前逃亡」「卑怯」に類するもので、明治十五年の「軍人勅諭」と相反したわけである。以後、日本の歴史が示すアジア各地、太平洋島嶼部で展開した太平洋戦争とは相容れないものであった。

したがって「江戸無血開城」は、徳川慶喜という稀なる近代感覚人と、鉄舟、泥舟という偉人が存在したからこそ成し得た「戦いなき城明け渡し」であって、この意味で特出すべき成果であった、と高い評価を下されました。

今まで、このような角度から「江戸無血開城」を検討された事例はなかったのではないでしょうか。新鮮な感覚で受けとめた次第です。

なお、明治四年の「廃藩置県」から検討され進められた「廃城令」との関係についても縷々述べられましたが、細部については、後日の検討課題・研究項目としたいとも述べられました。

岩下教授の清新なるご講演に深く感謝申し上げます。

« 2023年5月例会案内 | トップページ | 2023年6月開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年5月例会案内 | トップページ | 2023年6月開催 »