2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年12月例会開催結果 | トップページ | 時流塾の開催 »

2022年12月26日 (月)

2023年1月例会

1月は東京文化会館の都合で第4水曜日の25()に開催します。

発表者は、当初、山本紀久雄でしたが、山本は2月に変更し、1月は東洋大学大学院博士後期課程在籍・明治維新史学会在籍の小林哲也氏にご登場いただきます。

                 テーマ   「江戸無血開城」を考える

                                          ―『江戸無血開城の史料学』に寄せて―

      発表者   小林哲也氏

      日程    2023125()

                 時間    1830分~20時

       会費    1500

       会場    東京文化会館・中会議室1

 

小林氏から以下のコメントが届いております。

「江戸無血開城」は、高校の日本史教科書などで、「江戸城は、慶喜の命を受けた勝海舟と東征軍参謀西郷隆盛の交渉により、同年4月無血開城された」(『詳説 日本史B 改訂版』山川出版社)、あるいは「新政府軍は,東海、東山、北陸の3道から江戸をめざし、315日を江戸総攻撃の日と決めた。しかし、この日を前に西郷隆盛と勝海舟が会見し、江戸は無血開城された。江戸は東京と改められ、関東が平定されると、明治天皇は東京にはじめて入った。ついで、年号は明治と改められ、以後は天皇一代に年号一つと定められた(一世一元の制)」(『日本史A』東京書籍)などとされる。

また専門的研究においては近年一番の功労者は誰か、新政府から徳川家に提示された降伏条件は5か条か7か条か、といった議論が盛んである。

しかしながら、「江戸無血開城」に関しては、時系列のほか基本的事項すらも謎が多いのが実情である。そんな中、2022年には、岩下哲典編『江戸無血開城の史料学』(吉川弘文館)が出版され、江戸無血開城研究は今後いっそう進展することが期待される。

本報告では、『江戸無血開城の史料学』に拠りながら、「江戸無血開城」について、幕末期から遡って考えることで、その諸問題を考えていきたい。

皆様、ご期待願います。

« 2022年12月例会開催結果 | トップページ | 時流塾の開催 »

例会案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年12月例会開催結果 | トップページ | 時流塾の開催 »