2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山本紀久雄の出版 | トップページ | 2022年1月例会開催結果 »

2021年12月25日 (土)

山本紀久雄の出版

山岡鉄舟研究会会長の山本紀久雄が、2021年12月末に株式会社ベストブックから以下を出版いたしました。

『江戸無血開城、通説を覆す 一枚の絵に隠されたを読み解く』 定価1650円(税込み)

上記書籍のポイントは以下の通りであります。

  • 明治神宮外苑の聖徳記念絵画館に『江戸開城談判』壁画が掲示されています。

       これは慶応4314日の西郷隆盛と勝海舟による「談判」によって、江戸無血開城が成されたのだと、結城素明が描き、一般的に広く理

      解され、中学生の教科書にも掲載されております。

      しかし、『明治神宮叢書 第十八巻 資料編(2)』に、海舟の三女の夫・目賀田種太郎による『目賀田男爵談話筆記』が掲載され、同筆記の

     中で「勝海舟が談判はなかった」と発言した旨が明記されております。

      この海舟発言を受け入れるならば3月14日は「談判」ではなく、「会見」であったわけです。

    「談判」によって江戸無血開城が成され、壁画タイトルも「談判」とされた背景には、明治35年に発刊された吉本襄著の合冊本『氷川清話』

     が存在していることを本書で解説いたしております。

_0001

 

  • 結城素明が描いた『江戸開城談判』壁画では、勝海舟の大刀が左脇に位置されております。

     これは武士の刀作法ではあり得ない描き方であり、壁画作成の準備段階で描かれた「下絵」と「画題考証図」では大刀が右脇位置に描かれて

     います。

     しかし、結城素明は大刀を左脇に変更し描いたのですが、その背景には、やはり明治35年に発刊された吉本襄著の合冊本『氷川清話』が存

     在していることを本書で解説いたしております。

 

 

« 山本紀久雄の出版 | トップページ | 2022年1月例会開催結果 »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本紀久雄の出版 | トップページ | 2022年1月例会開催結果 »