2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年9月16日(水)例会開催結果 | トップページ | 2020年10月例会開催報告 »

2020年9月25日 (金)

2020年10月例会について

 10月は森真沙子先生から以下のようにご発表いただきます。

   発表    森真沙子先生 

   テーマ   『柳橋』で遊んだ妖人奇人録 

   日程    20201021()

   時間    1830分~20

   会費    1500

   会場    東京文化会館・中会議室1

森先生から以下のコメントをいただいております。

「柳橋について__それは江戸のブランドだった

『柳橋新誌』の作者・成島柳北は、「今の柳橋は、深川の死灰再び燃ゆるもの」と書いている。

天保の改革で潰された深川の芸者が、神田川河口の小さな色町に逃れ、再起を期したのが、柳橋である。

そこから吉原への舟が発着するため、船宿や料亭が集まり、旦那衆や旗本が往来した。そこに目をつけ、色で追放された辰巳芸者が、芸を売る『柳橋芸者』に変身する。薄化粧で、派手な着物を避け、客に媚びない“拒む女”は、遊びなれた旦那衆には新鮮で、江戸芸者のブランドとなった。三田村鳶魚いわく、「江戸の人はよく遊ぶことを知っていた」。

柳橋は江戸人に育くまれた“江戸の粋”である。多くの風流人や奇人変人がこの花街を愛し、遊んだのも、故ないことではない」

『柳橋』で遊んだ妖人奇人として登場するのは以下です。

成島柳北 尾崎紅葉の父 澤村田之助と圓朝 河竹黙阿弥 山内容堂 

手塚良仙 山岡鉄舟

 

10月例会も楽しみにお待ち願います。

« 2020年9月16日(水)例会開催結果 | トップページ | 2020年10月例会開催報告 »

例会案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年9月16日(水)例会開催結果 | トップページ | 2020年10月例会開催報告 »