2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄舟から影響受けた円朝・・・その十七 | トップページ | 2019年4月例会について »

2019年3月24日 (日)

2019年3月例会開催結果

2019年3月16日(土)は16名参加で静岡地区史跡研修旅行を開催しました。
当日は静岡駅に集合「静岡・山岡鉄舟会」の、原さん、若杉さん、水野さんのお出迎えを受け、早速に昭和43年3月9日に建之された「西郷・山岡会見の碑」へご案内いただきました。
この碑は「静岡市文化財指定」を受け、静岡市教育委員会によって平成16年9月に石碑説明文が掲示されましたが、そこには≪勝海舟の命を受けた幕臣山岡鉄太郎≫と正しくない説明がなされていました。
そこで、事実は「海舟からでなく、徳川慶喜から直接に命を受けた」であると「静岡・山岡鉄舟会」の故松本検顧問(前会長)が申し入れを行い、以後、機会を見つけては教育委員会に同会が要望してきました。
その結果、平成29年9月に≪徳川慶喜の命を受けた旧幕臣山岡鉄舟の会見≫と正しく直され、併せて≪三月十四日、江戸・芝田町の薩摩藩邸で山岡鉄舟も同席した西郷隆盛と勝海舟との会談により最終的に決定≫と加筆された経緯を若杉さんから説明受け、一同、深く感銘し敬意を表した次第です。
31
 

次は「慶喜居宅跡(浮月楼)」へ、ここからはレンタカーに分乗し「日本平夢テラス」へ行きました。今、話題の観光客多いホットな場所、その入り口を入って静岡の説明板を読みつつ歩くと、鉄舟寺の解説も述べられていました。
32

その鉄舟寺へと車を走らせ、期待の「鉄舟座像」(平成20年7月19日建立)の周りに立ち、ここでも若杉さんから建立経緯について解説をいただき、その記念として全員と思って撮影しましたが、数人行方不明でした。
33

次は「梅蔭禅寺(次郎長菩提寺)」、「次郎長生家(旧高木家)」、「壮士墓(咸臨丸犠牲者の墓)」と回り、最後は期待の「望嶽亭」に入りました。
 この日の日経新聞朝刊にタイミングよく「望嶽亭」が手塚喜和子さんの解説とご本人の写真入りで掲載され、その話題も含め、室町時代から続く歴史の重みを感じつつ、楽しくお茶をいただき、最後は清水駅近くの懇親会場へ向かい「静岡・山岡鉄舟会」の方々と日本酒「鉄舟」を味わい大いに語り合いました。
 
34
 今回は、当初天候が心配されましたが、徐々に晴れ間も出る状況で、鉄舟について考察を深めるよい機会を過ごすことができました。
 これはひとえに「静岡・山岡鉄舟会」の、原さん、若杉さん、水野さんによる的確な行程ご案内と、ご親切な案内によるもので、深く厚くお礼申し上げる次第です。本当にありがとうございました。

« 鉄舟から影響受けた円朝・・・その十七 | トップページ | 2019年4月例会について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄舟から影響受けた円朝・・・その十七 | トップページ | 2019年4月例会について »