2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年6月例会開催結果 | トップページ | 山岡鉄舟研究会発行資料が参照・引用されました »

2018年6月25日 (月)

2018年7月例会

7月例会は、山本紀久雄が「鉄舟が三遊亭円朝に影響を与えたこと」の総集編を発表いたします。

天保10年(1839)江戸湯島生まれの円朝、30歳までを江戸期、62歳で亡くなるまでを明治期、前半と後半の時代大変化の中、聴衆が持つ好み感覚がスピーディーに変っていく過程で、オルガナイザーとしての指導力を発揮し、「江戸期からの客層、新時代の客層、上流・中流・下層社会層にも合わせる」活躍を続け、速記本による出版もあり、自らが目標としていた「芸人風情心情からの脱皮」を図り、落語界において円朝のみが「大師匠」(おおししょう)と称されるように、不動の地位を築きました。

その背景には明治10年(1877)に鉄舟の禅弟子となって、鉄舟からの影響が大きく影響しています。

では、鉄舟から何を学び、取り入れたのか。鉄舟と円朝の核心に迫ります。
 
      日程     2018年7月18日(水)    
      時間    18時30分~20時
   会費    1500円
   会場    東京文化会館・中会議室1

2018年8月例会は夏休みで、9月例会は19日(水)に東洋大学・岩下教授による新著『江戸無血開城・本当の功労者は誰か?』(吉川弘文館)について、ご講演をいただきます。

Photo
吉川弘文館から届いた出版要旨に、

「戊辰戦争では、幕臣の勝海舟が官軍総大将格の西郷隆盛と会談を行ない、江戸は戦火から救われたと言われています。
しかし、最大の功労者は海舟ではありませんでした。会談前に駿府の敵中に乗り込んだ山岡鉄舟と、将軍徳川慶喜の絶対的な信頼をもとに、鉄舟を推薦した高橋泥舟。
開城前後の2人の動向を当時の情勢とともに追い、知られざる江戸無血開城の真実に鋭く迫ります」

とあります。ご期待ください。
 

« 2018年6月例会開催結果 | トップページ | 山岡鉄舟研究会発行資料が参照・引用されました »

例会案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年7月例会:

« 2018年6月例会開催結果 | トップページ | 山岡鉄舟研究会発行資料が参照・引用されました »